Architectural Lighting Group


ABOUT | Process 設計プロセス


第1フェーズ.コンセプト

第1フェーズのコンセプチュアルフェーズでは
それぞれの空間がどうあるべきか話し合います。
クライアントや建築家から図面を受け取り、
プロジェクトの照明コンセプトを構築します。
詳細な器具について決定するのは
第2(基本設計)・第3(実施設計)フェーズになります。


①コンセプト資料
②コンセプチュアルな配灯図
③色温度、器具などのコンセプト資料

第2フェーズ.基本設計

承認されたコンセプチュアルプランを元に、
計画範囲における個々の空間のプランニングを
行います。


①配灯図
②器具リスト
③調光エリア
④器具図

第3フェーズ.実施設計

設計と緊密に連絡を取り合い、設備や防犯システム等に
干渉せず実施図面上に照明器具がきちんと
配灯されているかを確認します。
また、設備設計担当とともにすべての器具と配線を
チェックし調整していきます。


①配灯回路図
②器具リスト、配灯リスト、数量表、概算コスト資料
③調光回路資料
④器具図、器具姿図
⑤照度計算

第4フェーズ.入札図書

設置にあたり必要となるそれぞれの器具の品番、情報、
特記事項等を、写真や三面図を添付してわかりやすく
器具ごとにカットシートに纏めます。


①配灯回路図
②器具リスト、配灯リスト、数量表、概算コスト資料
③調光資料(回路、リスト、調光機器)
④器具図、姿図

第5フェーズ.監理

施工図を基本に、施工の品質との確認を行うとともに、
我々の設計意図がきちんと反映されているかどうかを
チェックします。


①現場監理パンチリスト
②総合図に対する照明監理指示書

第6フェーズ.フォーカシング

最終フォーカシングは通常クライアントとオペレーター(電気施工者)の
両者の立ち会いのもと行います。
照明が意図した方向へ照射調整されているか確認、指示し、
最終的な光の効果を実現します。
時間毎に照明モードを変化させる基本固定シーンを設定します。


①インテリア調光基本シーン設定指示書
②ライトアップ基本シーン設定指示書(特殊シーン設定は除外する)
③照明器具角度調整指示書