Architectural Lighting Group


ABOUT | Who we are 会社概要


ALGの設立とその由来

ALG代表・小西武志は1976年、ヤマギワ株式会社において日本最初の照明コンサル会社であるTLヤマギワ株式会社を設立し日本における建築照明の普及に従事してまいりました。13年のヤマギワでの滞在期間にTLヤマギワ研究所及びLDヤマギワ研究所の所長として世界の著名建築家と仕事をし、建築照明がどれ程建築空間に必要なのかを身を持って実感した小西は、1990年多くの建築家、デザイナーおよびオーナーが求める光空間の理想像を現実にする意味を込めてArchitectural Lighting Groupを設立しました。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、設計事務所SOMでデザイナーとしての実務経験を取得し、海外プロジェクトに精通している小西は、米国の建築照明の権威であるクロード・エンゲル氏、ポール・マランツ氏、ハワード・ブランストン氏らと親交を持ち、ALGにおいても共同作業も行っています。特に米国の名だたる近代建築を照明したニューヨークのエジソン・プライス氏には建築照明の薫陶を受け、現在もプライス氏が設立したNULUX社と親交を持っています。
一級建築士を持ち構造研究に基づく知識を生かし建築に寄り添った視点で行うALGのメソッドは多くの建築家・オーナー・ゼネコン団体の支持を受け、その実績はIALD(国際照明デザイナーズ協会)、日本照明学会をはじめとした照明賞を数多く受賞してまいりました。ALGは今後も「必要なところに必要な光を」の信念のもと、建築空間を取り巻く光環境の向上を追求していきます。

デザイナー

小西武志 Takeshi Konishi

カリフォルニア大学バークレー校環境設計部建築学科卒業。東京大学大学院、建築学・工学修士、建築学・博士課程修了。SKIDMORE, OWINGS & MERILL(SAN FRANCISCO)Designer, TLヤマギワ研究所及びLDヤマギワ研究所所長、及びヤマギワ株式会社照明総括専務取締役を経て、現在、建築照明計画株式会社(ALG)代表。
IALD(国際照明デザイナー協会)

小西美穂 Miho Konishi

日本女子大学卒業後、建築照明計画株式会社(ALG)入社。渡英し、ロンドンAAスクールを修了、ロンドンFoster+Partnersに勤務。2010年、建築照明計画株式会社(ALG)にて照明計画ディレクターに就任。
AA.Int/ ARB/ RIBA1(王立英国建築家協会)
IALD(国際照明デザイナー協会)
IES(北米照明学会)
IEIJ(日本照明学会/照明士)

建築照明によって、建築空間とそれを取り巻く環境の質を向上します。

光は人間の活動にはなくてはならないものであり、光が灯っていることは即ちそこに様々な生活があるということです。しかし決して、ただ明るければ良い、ど のような光でも良いというわけではありません。それぞれの場所に応じた、人間が快適に過ごすことができる光が必要とされています。私達ALGは「必要なと ころに必要な光を」の信念のもとに、個々の光を空間と用途に応じてコントロールすることによって建築空間とそれを取り巻く環境の質を向上させることを目的 としております。

建築と一体化した最適で無駄のない照明計画を提案致します。

ALGは照明の計画提案からプログラミング、仕様書作成およびフォーカシング作業まで幅広いサービスを行っています。お客様のプロジェクトの建築環境空間 に対して最も適切な照明コンセプトとクライアントの理想とするイメージ・意図を補強し、要望を最大限に可能にするような、自然光と人工光のバランスを考慮 した省エネルギーな光環境を提案します。 また、近く訪れるであろうグローバルなエネルギー不足を予測し、出来うる限りの高効率の光源および制御システムを駆使した照明計画を行っております。 ALGでは建築家および設計事務所と共同作業による計画コンセプトやビジョンとの一貫性を重んじます。照明コンサルティングは建築の早い段階での参加が効 率の良い創造性豊かな環境空間を生み出すものであると考え、システムに於いても設計プロセスに於いても建築と一体化した無駄のない照明計画を行います。