SDGsと照明 – 概要


   
SDGs―エスディージーズ(持続可能な開発目標)」は2015年に国連で開かれたサミットで採択された国際社会全体の開発目標である。2000年に採択された「MDGs(ミレニアム開発目標)」が2015年に達成期限を迎えたため、新たな世界の目標として定められ2030年までに達成することを目標としている。今回より「SDGsと照明」について焦点をあててみていきたい。

MDGsは先進国による開発途上国の支援を中心とした内容であったのに対してSDGsは先進国と途上国が一丸となって達成すべき目標で構成されている。
内容は「17の目標」とその目標をより具体的にした「169のターゲット(具体目標)」である。

「17の目標」は、貧困や飢餓、働きがいや経済成長、気候変動など21世紀の世界が抱える課題を包括的に挙げている。

1.  貧困をなくそう
2.  飢餓をゼロに
3.  すべての人に保険と福祉を
4.  質の高い教育をみんなに
5.  ジェンダー平等を実現しよう
6.  安全な水とトイレを世界中に
7.  エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.  働きがいも経済成長も
9.  産業と技術革新の基盤をつくろう
10. 人や国の不平等をなくそう
11. 住み続けられるまちづくりを
12. つくる責任つかう責任
13. 気候変動に具体的な対策を
14. 海の豊かさを守ろう
15. 陸の豊かさも守ろう
16. 平和と公正をすべての人に
17. パートナーシップで目標を達成しよう

「誰も置き去りにしない」という約束を掲げたSDGs。世界の国々では企業が中心となってSDGsの取り組みが進んでいるが、私たち一人一人が貧困の解消や格差の是正などの解決のためにできることは数多くあるはずである。そして照明計画においてもSDGsの目標に通じる計画を心掛け、人間、地球の繁栄に貢献していきたいと考える。
  
■関連:Commitments「ALGのSDGsへの取り組み」
  
  
_SDGs_ , _持続可能_ , _照明_