業務内容


1. 照明計画

ALGは照明の計画提案からプログラミング、仕様書作成およびフォーカシング作業まで幅広いサービスを行っています。建築家および設計事務所と共同作業による計画コンセプトやビジョンとの一貫性を重んじ、システムに於いても設計プロセスに於いても建築と一体化した無駄のない照明計画を行います。

1. Conceptual Phase

第1フェーズ:コンセプト
第1フェーズのコンセプチュアルフェーズではそれぞれの空間がどうあるべきか話し合います。クライアントや建築家から図面を受け取り、プロジェクトの照明コンセプトを構築します。詳細な器具について決定するのは第2(基本設計)・第3(実施設計)フェーズになります。
コンセプト資料
コンセプチュアルな配灯図
色温度、器具などのコンセプト資料

2. Schematic Design Phase

第2フェーズ:基本設計
承認されたコンセプチュアルプランを元に、計画範囲における個々の空間のプランニングを行います。
配灯図
器具リスト
調光エリア
器具図

3. Design Development Phase

第3フェーズ:実施設計
設計と緊密に連絡を取り合い、設備や防犯システム等に干渉せず実施図面上に照明器具がきちんと配灯されているかを確認します。また、設備設計担当とともにすべての器具と配線をチェックし調整していきます。
配灯回路図
器具リスト、配灯リスト、数量表、概算コスト資料
調光回路資料
器具図、器具姿図
照度計算

4. Construction Documentation Phase

第4フェーズ:入札図書
設置にあたり必要となるそれぞれの器具の品番、情報、特記事項等を、写真や三面図を添付してわかりやすく器具ごとにカットシートに纏めます。
配灯回路図
器具リスト、配灯リスト、数量表、概算コスト資料
調光資料(回路、リスト、調光機器)
器具図、姿図

5. Supervision Phase

第5フェーズ:監理
施工図を基本に、施工の品質との確認を行うとともに、我々の設計意図がきちんと反映されているかどうかをチェックします。
現場監理パンチリスト
総合図に対する照明監理指示書

6. Focusing Phase

第6フェーズ:フォーカシング
最終フォーカシングは通常クライアントとオペレーター(電気施工者)の両者の立ち会いのもと行います。照明が意図した方向へ照射調整されているか確認、指示し、最終的な光の効果を実現します。時間毎に照明モードを変化させる基本固定シーンを設定します。
インテリア調光基本シーン設定指示書
ライトアップ基本シーン設定指示書(特殊シーン設定は除外する)
照明器具角度調整指示書

2. 照明コンサルタント業務

これからの持続可能な社会に向けて経済的、機能的で魅力溢れる光環境の創造がますます重要となってきています。また、光が健康に及ぼす影響の大きさも近年確認され、光の扱い方によって私達の生活の質が大きく左右されることが分かってきました。光の正しい知識のもとに空間やそこで行われる行動に応じて適切な光環境を構築することが必要とされています。
ALGは長年培ってきた知識やノウハウを基に光のコンサルティング業務を行い、光や光環境についてのご相談、ご質問、講演依頼などの業務に対応させて頂きます。
ご相談
執筆
講義・講演
メディア出演

メディア・講演会出演履歴

2019.05.01 【執筆】照明学会誌 第103巻 第5号「可視光レーザを活用する情報技術」編集後記
2019.03.08 【イベント】ライティング・フェア2019「コレカライト探検ツアー」/ 日本照明工業会、日本経済新聞社主催
2019.03.06 【セミナー】ライティング・フェア2019「照明デザイン国際セミナー ENLIGHTEN ASIA+ライティング・フェア」/ 日本国際照明デザイナーズ協会、日本照明工業会、日本経済新聞社主催
2019.01.01 【執筆】照明学会誌 第103巻 第1号「国内外で評価された照明デザイン2018」編集後記
2018.11.30 【セミナー】ライティング・トレンドセミナー大阪 / 株式会社ハーフェレジャパン主催
2018.09.13 【セミナー】ライティング・トレンドセミナー東京 / 株式会社ハーフェレジャパン主催
2017.03.08 【イベント】ライティング・フェア2017「コレカライト探検ツアー」/ 日本照明工業会、日本経済新聞社主催
2017.03.08 【トークイベント】ライティング・フェア2017 「コレカライトフェスティバル カラフェス2017 コレカライトステージ」/ 一般社団法人日本照明工業会、日本経済新聞社主催
2017.03.08 【セミナー】ライティング・フェア2017「照明デザイン国際セミナー ENLIGHTEN ASIA+ライティング・フェア」/ 一般社団法人日本国際照明デザイナーズ協会、一般社団法人日本照明工業会、日本経済新聞社主催
2016.02.12 【ウェブ掲載】プレシデントウーマンオンライン / プレジデント社出版
2015.08.07 【雑誌掲載】プレシデントウーマン VOL.5 9.7号別冊 / プレジデント社出版
2013.06.01 【執筆】照明学会誌 第97巻 第6号「東京アメリカンクラブの照明」
2012.12.11 【講演】平成24年度第36回照明学会東京支部大会 平成23年照明普及賞施設事例紹介「東京アメリカンクラブ」

Awards 受賞暦


2012年度 平成23年 日本照明学会 照明普及賞・優良施設賞受賞
東京アメリカンクラブ
2008年度 国際照明デザイナーズ協会(IALD)AWARD OF EXCELLENCE 最優秀賞受賞
銀山温泉 藤屋旅館
2008年度 ランドスケープライティングアワード 2008
東京ミッドタウン
2007年度 平成19年 日本照明学会 照明普及賞・優良施設賞受賞
東京ミッドタウン
2005年度 平成17年 日本照明学会 照明普及賞・優良施設賞受賞
東京ビルTOKIA
2005年度 平成17年 日本照明学会 照明普及賞受賞
日本橋三井タワー
2005年度 平成17年 日本照明学会 照明普及賞受賞
長崎県美術館
2005年度 ランドスケープライティングアワード 2005
長崎県美術館
2004年度 平成16年 日本照明学会 照明普及賞受賞
COREDO日本橋
2002年度 平成14年 日本照明学会 照明普及賞受賞
大正製薬本社ビル
2002年度 国際照明デザイナーズ協会(IALD)AWARD OF GOOD PRACTICE 受賞 他
AIST(独)産業技術総合研究所・臨海副都心センター
2001年度 平成13年 日本照明学会 照明普及賞受賞
AIST(独)産業技術総合研究所・臨海副都心センター
1999年度 国際照明デザイナーズ協会(IALD)AWARD OF EXCELLENCE 最優秀賞受賞
佐川美術館
1999年度 IESNY Lumen Award 受賞
MIHO MUSEUM (フィッシャー・マランツ・レンプロ・ストーンとの共同設計)
1998年度 平成10年 日本照明学会 照明普及賞・優良施設賞受賞
佐川美術館
1998年度 国際照明デザイナーズ協会(IALD)AWARD OF EXCELLENCE 最優秀賞受賞
MIHO MUSEUM (フィッシャー・マランツ・レンプロ・ストーンとの共同設計)
1997年度 平成9年 日本照明学会 照明普及賞・最優秀施設賞受賞
MIHO MUSEUM (フィッシャー・マランツ・レンプロ・ストーンとの共同設計)
1996年度 国際照明デザイナーズ協会(IALD)AWARD OF EXCELLENCE 最優秀賞受賞
妙智会アネックス
1996年度 北米照明学会AWARD OF MERIT 優秀賞受賞
新宿アイランド
1996年度 平成8年 日本照明学会 照明普及賞受賞
新宿アイランド
1994年度 平成6年 日本照明学会 照明普及賞受賞
みなとみらい21熱供給センタープラント
1985年度 北米照明学会Edwin F. Guth Memorial Awards of Excellence 受賞
三洋証券目白寮 庭園