教育施設における内外へ新しい光環境の照明デザイン

 
 
 
 
 
 

大東文化大学東松山キャンパス 第3期 新2号館

2014年12月末に第3期工事が竣工し、2012年に始まった新2号館の整備事業が完了しました。第3期工事は第2期工事の多目的交流棟(新5号館)に隣接する“憩いの丘”と名づけられたランドスケープと新しく建てられた教室棟である新2号館およびその周辺ランドスケープの照明計画です。全体を繋ぐブリッジも、第3期工事をもって全ての工区を貫通し、ホール・食堂などの交流エリアと教室などの教育エリア全体に渡る照明計画が完了しました。

校舎内部と外部の新しい光環境、動線における導く光、人が交わる諸空間への豊かな光環境が整えられることで、大学におけるコミュニケーションを発展させる環境が創造されました。