ALGのSDGsへの取り組み

ALGは、SDGsが掲げる持続可能な社会と環境づくりを実現するためには、
照明の影響は大きく、その使命も重いものだと考えます。
SDGsの目標に通じる計画を心掛け、人間、社会、地球の繁栄に貢献していきます。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2015年に国連で開かれたサミットで採択された先進国と途上国が一丸となって達成すべき国際社会全体の開発目標で、「17の目標」とその目標をより具体的にした「169のターゲット」で構成されています。
SDGsは新たな世界の目標として定められ、2030年までに達成することを目標としています。



健康的で快適な生活を実現する照明計画

目標3「全ての人に健康と福祉を」では、全ての人の健康な生活を確保し福祉を増進するとしています。
人間の体は、地球の自転による24時間周期に合わせて体の基本的な働きを約24時間のリズムで変化させています。この約24時間周期のリズムを「サーカディアンリズム(概日リズム)」と言い、このリズムが崩れると様々な生体リズムも乱れると考えられています。
LED照明の登場によって調光だけでなく調色が可能となり、朝から晩までの光環境を自由に設定することが可能となりました。ALGは、サーカディアンリズムを考慮した調光・調色が可能な照明計画により、体のリズムを崩さず本来人間があるべき心身に対して優しい光環境を提案いたします。


未来を担う子供たちへ─照明分野からの働きかけ

目標4「質の高い教育をみんなに」では、すべての人に包摂的で質の高い教育を確保し、生涯学習を促進することを目標としています。これには、子供達が勉強に集中することができる光環境づくりが望まれます。
照明の明るさや色などの調整によって、照明下で過ごす人の集中力を高めたり生活リズムを改善したりすることなどを目指す「ヒューマン・セントリック・ライティング(HCL : Human Centric Lighting)」と呼ばれる照明の概念が広がってきています。学校や家庭において子供達が快適に過ごすことができ、勉強に集中できるような環境をどう提供していくかということについて、このHCLの「人間を中心にした照明」の考え方は大いに役立つものであると考えます。このようなアプローチから、ALGは「教育」に対してどのような働きかけができるのか、検討・提案し実践してまいります。


女性の活躍が輝く職場の照明

国連の発表によると日本では、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」に関して取り組みの進捗度が低いとの結果が出ています。これを受けて、日本政府のSDGs推進本部では、「女性の輝く社会」という項目を挙げています。
照明計画の観点から職場での女性の活躍を手助けする光環境とはどのようなものであるかを考えると、仕事と家庭を両立させながら生活する女性が多い現代において活動空間をより健康的でストレスフリーな環境へと整えていくことが大切です。ホルモンの変化によって体調が不安定になりやすい女性にとってサーカディアンリズムに即した照明は心身の健康に寄り添い、また、メイクの見え方を左右する色温度を調色機能によって選択することのできる照明は女性の強い味方となります。
ALGは「女性が輝く社会」に向けて、「光」は大きく貢献できるものであると考えています。


地球にやさしい光環境

目標12「持続可能な生産消費形態を確保する」では、責任ある消費と生産の大切さを訴えています。
照明による消費電力は、全体の消費電力の中でも大きな割合を占めています。また、蛍光灯などに使用される水銀は有害物質に指定され、地球環境を汚染するとして問題になっています。
これに対し、高効率のLEDやOLED(有機EL)は省エネの効果がありかつ水銀を含まないため、これからの持続可能な社会での照明器具として最適と言えます。ALGはこれらを推奨し、さらに人感センサーや調光機能システムを利用することで、節電・コスト削減を考慮した照明計画を提案してまいります。

これからの照明は変化する社会のニーズに応じ、健康的で効率的な照明を計画・提供することで、
SDGsの開発目標に貢献できると考えます。